留袖と振袖の違いとは。高く買取してもらえるのはどっち?

留袖,振袖,違い

女性の正式な礼装の着物と言えば、留袖と振袖ですね。

 

どちらも、独特の重みがある華やかさが特徴の着物ですが、この2つはどう違うのでしょうか。
又、古くなった留袖・振袖を売りに出した場合、どちらが高く買い取ってもらえるのでしょうか。

 

ここでは、振袖・留袖の着物そのものの違いと、買取相場の違いについてまとめました。

 

留袖と振袖の違いとは

ではまず、振袖と留袖の違いについて、詳しくお話していきたいと思います。

 

振袖の特徴について

留袖,振袖,違い

振袖は、未婚の女性だけが着ることのできる、正式な礼装の着物です。
80cm前後〜1m以上の長い袖が特徴で、成人式の時などに着られます。

 

又、結婚式やパーティーに出席した時などにも、振袖は最適な着物です。
そして、結婚したら、その瞬間から振袖を着ることはできなくなります。

 

昔は、結婚式で振袖を着て、嫁いだ後はその袖を切り落とすという風習がありました。
振袖の長い袖を切り落とすことで、独身時代に別れを告げるという儀式なのですね。

 

振袖は、全体に華やかな吉祥模様や、大きな花柄などがついているのが特徴です。
なので、色柄共に、全体的にとても華やかな印象の着物です。

 

振袖の場合、帯は、フォーマル用の袋帯と呼ばれる帯を締めます。

 

ただ、結び方が特徴的で、「ふくら雀」「辻が花」などと呼ばれる華やかな結び方になります。
なので、後ろから見ても、とても豪華な雰囲気を醸し出します。

 

留袖の特徴について

留袖,振袖,違い

一方、留袖は、既婚女性のみが着る、女性の正式な礼装着物です。

 

振袖と反対で、留袖は、独身女性が着ることはできません。
よく結婚式で、新郎新婦の母親や親族の女性が、黒くて華やかな着物を着ていますね。
この黒くて華やかな着物こそが、留袖と呼ばれるものです。

 

色留袖・黒留袖の2種類があり、色留袖は明るい色の生地黒留袖は黒い生地になります。
色留袖・黒留袖共に、金の刺しゅうなどもあしらった、華やかな柄が大きな特徴です。

 

又、背中には、自分の家の門を入れることになっているのも、留袖の特徴です。
この紋を入れることによって、着物の格が最高位まで上がるのです。

 

留袖の場合も、振袖同様、帯はフォーマル用の袋帯を締めます。

 

但し、振袖と違うのは、留袖の場合、振袖のような華やかな結び方はしません。
留袖の場合は、「二重太鼓」と呼ばれる、シンプルな結び方をします。

 

ちなみに、振袖・留袖共に、正式な礼装着物ではありますが、仏事には着てはいけません
葬儀や法事だけは、未婚女性・既婚女性共に、仏事専用の着物を着ることになります。

 

留袖と振袖、どちらが高く買取してもらえる?

留袖,振袖,違い

留袖も振袖も、女性の着物の中では、最高級の格を持つ着物です。

 

そのため、古い留袖・振袖を売りに出すと、比較的高く買い取ってもらえる傾向があります。
では、留袖と振袖では、どちらが高く買い取ってもらうことができるのでしょうか。

 

留袖と振袖の買取価格相場は、実はほとんど変わらないようです。
どちらも礼装着物であるため、着る機会が少なく、需要があまりない着物です。
そのため、どちらの買取価格相場も、同じくらいになってしまうのですね。

 

ちなみに、買ってから数年くらい経過した留袖・振袖の買取相場は1,000〜3,000円台くらいになります。

 

但し、人気作家・伝統工芸品・一流ブランドのものだと3〜5万円台くらいになるようです。
更に、「買ってから1年以内」という新しいものであれば、更に高額買取してもらえる可能性もあります。

 

まとめ

留袖,振袖,違い

留袖は既婚女性の、振袖は未婚女性の正式な礼装着物です。
結婚式やパーティーなど、仏事以外のフォーマルの場所に着て行く着物です。

 

どちらも、華やかな雰囲気を持つ着物で、帯も、フォーマル用の袋帯を締めます。
留袖は二重太鼓というシンプルな帯結び、振袖は華やかな形の帯結びになります。

 

留袖と振袖は、売りに出した場合、買取価格相場はほとんど変わらないと言われています。

 

ただ、どちらも、状態や、着物自体のクオリティによって、買取価格が大分変わってくるようです。